ペン子のトコトコ保活記録

アラサーペン子が墨田区南部エリアで早生まれH30.1歳4月入園を目指して活動中。日々の保活の記録とか愚痴とかを綴ります。

保活のまとめ①

ペン子の保活覚え書きです。

 

①妊娠8ヶ月

 墨田区の保活コンシェルジュに話を聞きに行く。

ここで、墨田区も保活事情が厳しい事を知る。でも、なんとなく実感もなく、具体的に何をすればいいのか聞きもせず、生まれたら頑張ろう!と思っただけ。具体的な行動は移さず。

何故か近所の認可保育園のリストだけは作った。なぜ認可…。

 

②出産

早生まれの男の子を出産。体重の増えが悪く、母乳も上手く飲ませられず、初めての産後で色々てんてこ舞い。

 

③生後2ヶ月

気がついたら2ヶ月経ってた。

ここで思い立ってもう一度、墨田区コンシェルジュのところに行く。

居住歴の浅いペン子家は認可保育園の入園がほとんど不可能なこと。その為、認可外保育園を探して、アポ取りして、見学に行く必要があること。墨田区はその認可外保育園が7個しかなく、それも、家からは遠い所が多いこと。だから、区外の保育園も検討する必要がある事を知る。ようやく焦り始めた私。

 

④2017年4月 アポ取り

認可外保育園のリストを作り(墨田区江東区・職場のある区)、物理的に通園が可能な園に絞り込む。具体的には徒歩30分以内。電車通園は駅チカ限定徒歩5分以内で、基本自転車通園を念頭に置き、絞りました。

各園のホームページなどをチェックするも挫折。

ホームページ、充実してないところが多いし、ネットの口コミも、ないところがほとんど(特に墨田区)。ネットでの情報収集を諦めて、ひたすら保育園に見学予約の電話をかけ続ける。このあと、アポ取りは随時行った。

最初電話かけるときはすごく緊張。そのあとは慣れた。保育園の電話対応は基本的にはマイルド。ただ指定日に一斉に電話するタイプだと、若干のイライラや面倒くさい感じが透ける。まあ、仕方なし。

 

⑤2017年5月 認可外保育園の見学スタート

認証保育園 9園、無認可保育園 3園の見学。

慣れない抱っこひも、子供の首はグラグラ。本当にみんなこんな時期に保活してるの?とギモンに思うも、見学では妊婦さんと一緒になる事も多く、自分の意識の低さに凹む。特に江東区認証はみんな意識高い。

墨田区の2ヶ月児学級では、まだ保活してない人も多く、ちょっと安心。というか墨田区民、しっかり!

 

⑥6月 見学及び無認可保育園抑え 

認証保育園 4園の見学。

この時点で、途中入園希望で申し込んだどこの認証園からも、入園可能との連絡はなし。むしろ待機人数から認証保育園も途中入園はやっぱり厳しいと踏む。来年4月まで育休延長するかは、職場との兼ね合いもありまだ決め兼ねてるけど。悩んだ末、年度途中から無認可保育園を申込む。育休延長するかはもう少し考えることに。とりあえずお金を払って席をキープし、復帰できない、という最悪な自体は回避する。これだけで心はすごく軽くなる。

でも、出来たら認可やせめて認証に通わせたいので保活は続行。頑張っても報われるか分からないのが辛いところ。

 

⑦7月 認可保育園の見学

認可保育園 7園見学。

認可保育園のアポ取りと見学を開始。秋までに出来たらいいと思ったけど、秋は混雑する事を知り、早めに見ておくかなと思い立って。

認可外保育園よりもあっさりとアポが取れ、また、認可外との差に驚く。親として、1才4月は無理でも、やはり遅くとも3歳までには認可に入れたいと思う。環境が全然違うし。

→つづく