ペン子のトコトコ保活記録

アラサーペン子が墨田区南部エリアで早生まれH30.1歳4月入園を目指して活動中。日々の保活の記録とか愚痴とかを綴ります。

待機児童になりました。

タイトルのとおり待機児童になってしまいました。

内容が内容なので、ブラックペン子になってたらごめんなさい。

 

墨田区の結果郵送は2月8日の筈なのに、ペン子家に結果が届いたのは2月10日の夕方でした。

いつもは遅くても翌日の夕方に届くので、9日は午後から30分おきに見に行っていたのに届かず…。

ネットを見るとちゃんと9日に届いていた人もいたみたいなので、ペン子の中では「不受理通知は9日に発送したんじゃ疑惑」がもくもく。そうならそうって書いておいてくれればよかったのに、何か無駄に玄関通った挙げ句がっかりな結果でした。あ、二次の案内でパンパンに膨れた封筒でした。

 

さ、ら、に、

二次の申込書も入っていましたが、1歳の募集無いですよね?

ん?

無いですよね?募集がないなら、申込書入れるなや!

これは居るか居ないか分かんないけど、認可キャンセルした人が出たらもしかしたら、とか言うやつなんでしょうかね〜。うんうん、私だったらキャンセルしないなぁ〜。

 

覚悟はしていたものの、想像以上にショックが大きかったらしく、ペン子昨日からガチで熱を出して寝込んでいました。。はぁ。

 

でもさーでもさー

墨田区の居住年数は少ないけどさー

早生まれで0歳4月を逃してるけどさー

墨田区では激戦の南部だけどさー

分かってたけどさー

 

愛する息子に

環境のいい認可保育園に通って欲しいって

母さん願ってたよ。

ごめんよ、ちびペン。今のところ無認可に通い続けて貰うしかない。ほんとにごめん。

 

認証、決まるといいな。

 

旦那は

「認可駄目だったけど、保活頑張ったじゃん。お疲れ!」と、

なんだか終わった感じでしたが。

認可の保活は大して頑張ってないし、認可外の保活はこれからなんだけどな。

やっぱり、分かってないな。

 

しかも、今の無認可より遠い認証とか意味ないみたいに言われてます。

ペン子は多少遠かろうが、ちゃんと年齢別に保育ゾーンが別れてて、季節の行事があって、年齢ごとに担任の先生がなんとなくでも決まってる所に通わせたいと思ってます。

 

確かに送迎は毎日の事だけどさ、それって大人の事情。

それよりも子供の環境を優先してあげたいんだけど。

 

旦那への愚痴が止まらないわぁ。こんな時期になっても夫婦間でこの辺の意見が一致しません。何なら保活今まで丸投げだったくせに、遠くの認証とかに決まったら文句言われそう…。

 

はぁ。どうなることやらです。

 

今日の記事の最後にこれから墨田区に引っ越して子育てしたい人へ。

都内に保活激戦区は沢山あります。

それこそ世田谷とか、目黒とか板橋とかお隣江東区とか。

そういうとこと比べると墨田区って、保活激戦区のイメージは無いですよね。むしろ待機児童の数も少なく入りやすいと思えるかもしれません。

 

ですが

それは長年墨田区に住んでる人の話。

少なくとも4、5年住んでれば地域にもよるけど多分大丈夫。保活イージーモード。

 

居住3年以下だと途端にハードモード。

都内の保活激戦区に負けないくらい厳しいです。

しかも認可外加点もないから、自分でできる対策もない。認証保育園七個しかなくて認可に落ちたときの受け皿もない(江東区とかは10倍以上の認証保育園があります)。さらに認証保育園は基本、区民優先のところが多く隣の区の認証だと断られることも多い。

という点から、激戦区よりキツイ戦いを強いられます。

 

言いたいのは、転入してきても保育園入れないよ!!!!!ってこと!私も引っ越す前に知りたかったわ。引っ越してきてから居住年数優先になったんだけどね…。

 

では、また。