ペン子のトコトコ保活記録

アラサーペン子が墨田区南部エリアで早生まれH30.1歳4月入園を目指して活動中。日々の保活の記録とか愚痴とかを綴ります。

保活開始までのこと

墨田区は保活コンシェルジュなるものがいます。

決まった曜日に区役所に行くと大体二人くらいマダムが座ってます。

 

確か、九時半からなんですけど、もう少し早めに行っても居ました。空いてないときは名前書いて順番待ちするんですけど、産後は赤ちゃん連れで待つ自信がなかったので、朝一番を狙いました。内容が内容だけに皆真剣で、それなりに時間掛るんで朝一番が正解かなって感じです。

 

で、産前と産後二ヶ月とで、保活開始前に2回行きました。

って、この情報収集も保活に含まれるのなら私も一応産前から保活してたことになるんでしょうかね。その後行動していなかったわけだけど。

 

一回目は割りとふんわり系マダムで、墨田区も厳しいんだってことを一応認識したくらいで終わりました。検索すると墨田区は一番保育園入りやすい、みたいな情報がヒットして、正直あまり危機感をもってなかったんです。

 

でも今は、その頃とは状況が変わっっています。

ネットの情報を鵜吞みにするのは危険ですね。

 

保育園に入りやすい、って情報が一度出回るとその後で転入者が増えて保育園に入りにくくなるということなんでしょうね。本当に保活事情って毎年変わるみたいで油断できません。

 

産前は、とりあえず無事に産んであげることだけを考えていて、もし万が一の事があったら…と思うと怖くて中々ベビーグッズすら買えずにいました。なので妊娠中から保育園見学してる人を尊敬します。

 

なんとか無事に生まれてくれて、落ち着いて外出できるようになったのがちょうど生後二ヶ月の頃です。2回目のコンシェルジュはチャキチャキ系のマダムで、のんびりしていた事にダメ出しされ、ようやく動き出すことになりました。

 

遅いですよね。私も今はそう思います。

早生まれだから特に、妊娠中から動き出さなきゃならなかったのに。

 

まあ、それも何か変な話ですよね。

生まれてもないのに保育園の事考えないといけないなんて。

そういう事をしなくてもいいような社会に早くなって欲しいです。